読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフレを採用すれば良かったのにねぇ

倍政権を批判するテレビ、新聞、野党の面々を見ていると、明らかに表情や文章に焦り、引きつりが見て取れますね。
おそらく、正しい金融政策にこれほどのパワーがあるとは思っていなかったのでしょう。
リフレーション支持者が熱心に正しい政策を説いている姿を、「ふんふん」とバカにしながらこれまで聞き流していたのでしょう。
基本的にテレビ、新聞、民主党社民党共産党は頭が悪いので、リフレーション政策の内容がわからなかった、「こんなややこしいもの面倒くさい」と考えていた、ということもあろうかと思います。
安倍首相の主張通りの経済の好転が、アベノミクスによって明らかに、力強く、継続的に実現しています。このまま順調に行けばデフレから脱却できるでしょうし、そうなればこれは歴史的偉業になります。
従来の経済政策ならば、いっとき上手くいっていても一寸先は闇といった代物に過ぎなかったのですが、リフレーション政策はほとんど確実に経済を良くするように練られたものであり、その主唱者がいまや日銀の総裁・副総裁なのですから、夏まで景気拡大が続くことがほとんど確実になったことが、テレビ、新聞、野党の鈍い頭にもようやく理解できたのでしょう。
選挙まで国民の高い支持率が継続し、参議院選挙での勝利もよほどのことが無い限り確実です。
これは彼らの経験にはなかった事態であり、対処不能のドツボであり、反日勢力にとって未曾有の危機です。
だから彼らは選挙の前に「よほどのこと」をおこすため、躍起になっているのです。
マスコミの論調が、経済学や憲法学の常識にまったく合わないメチャクチャにヒステリックなものになっているのはそこが原因です。
そのような見苦しい姿を見ていると、「ああ、リフレを採用しておけばよかったのにねぇ」と思います。
日本が良くなっていく希望が見えた私は、敵を憎悪するより憐れむだけの心の余裕が出てきました。
リフレーションの唱道者は、反日勢力とは違って政治的な偏りがない人々ですから、デフレ脱却のための金融政策を行う意志のある政党ならば、どこにでも協力したと思います。
民主党であれ社民党であれ、日本国民の福利になる正しい政策を行う用意がある政権なら、それが左翼であったとしても、経済学の知恵でもって力強く支えたことでしょう。
リフレーション支持者にしても同じで、いくら民主党社民党が大嫌いであっても、リフレで日本社会を救う活動をする政権であれば、いくらでも投票し、肯定的な意見を広めただろうと思います。私もそうしたと思います。
しかし現実には、左翼勢力は日本国民の苦しみを放置し、社会が荒廃するにまかせ、リフレーション政策を否定、軽侮し続けました。
民主党社民党絶滅危惧種になっており、安倍政権への高い支持率を見ている限り、マスコミの主張を信じる人も減っているわけで、特に新聞はますます斜陽化することでしょうが、当然の報いです。
彼らの所業について評価に値する部分は皆無であり、政治的に消滅することだけが日本への貢献になるだろうと確信しています。