読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中銀総裁の発言が常に詭弁だという国も凄いですね

それが日本なんだけどね。

際限ない国債買い入れ、制御不能なインフレ招く=日銀総裁
2012年 04月 22日 13:05
[ワシントン/東京 21日 ロイター] 日銀の白川方明総裁は21日、訪問中のワシントンでフランス銀行主催のパネルディスカッションの参加し、国債への信認が低下することによる金融システム不安を抑えるため中央銀行が際限のない国債買い入れなどを行えば「制御不能なインフレを招く」と警告、中銀の流動性供給で時間を買える間に財政改革を進める重要性を強調した。
白川総裁は、欧州金融市場に小康状態をもたらした欧州中央銀行による長期資金供給オペ(LTRO)は、「あくまで『時間を買う』政策に過ぎない」と指摘。市場が落ち着き、かえって財政への危機意識が薄れ、財政赤字拡大から金融システム不安が再燃すれば、「中央銀行が国債担保の流動性供給、あるいは国債買い入れを通じて、最終的に際限のない流動性供給に追い込まれる可能性がある」と警告。「膨大な通貨供給の帰結は、歴史の教えにしたがえば制御不能なインフレ」と言い切った。
日本については、「人々が将来の財政状況への不安から支出を抑制し、そのことが低成長と緩やかなデフレの一因になっていると考えられる」と指摘した。

『カネ出してやるから好き放題言わせろ』という感じです。
そのカネは日本国民のカネだっつーの。白川のカネじゃないんですよ、国際社会の皆さん。
日銀総裁やノビーの発言は大体いつも『藁人形論法』なのでもう慣れましたけれども、つまんない発言は報道しないとい分別がマスコミにはないのでしょうか。日銀総裁ならのべつ幕なし報道する、というのは結局マスコミの中の人が判定能力が欠落しているからなんですね。
言うまでもありませんが、「日銀は際限なく国債を買え」などと言っている人はいませんよ。
白川の発言を逆にいえば、『限度を決めて日銀が国債を買えば制御不可能なインフレにはならない。』ということになるわけですから、そんなら78兆円買ってください。でも準備金に利子をつけるのはダメですけどね。
日本で世の中にあるカネは120兆円~140兆円くらいなので、78兆円買え、という提案はそれほど過大なものではないでしょう。
日本の低成長についてですが、『あれ?』という気がしました。別の記事では違うことを言っていたような。

日銀総裁「デフレの原因は成長率低下」 米で講演
2012/4/20 9:45 日経
 【ワシントン=財満大介】日銀の白川方明総裁は19日、当地で講演し、日本でデフレが続いていることについて「根底には潜在成長率の低下という問題があり、その症状がデフレとして現れている」との認識を示した。成長力を高めるには高齢者や女性の就労を促し、規制緩和で経済の新陳代謝を進めることが重要として、政府の経済政策の役割を改めて強調した。

専門用語で誤魔化す気マンマンであり、これまた通常運転です。
「潜在成長率」というのは「生産力の上限の伸び率」の筈なので、「生産力が落ちたからデフレになった」という発言かと思います。
…?
生産力が落ちると物価が下落する、というのはどういうことなんですかね。
生産に必要なものが需要されないということでしょうか?
しかし生産が足りなくなっている状況で、人々が消費するという面での需要がそのままならインフレになるような気がするのですが…

潜在成長率は、生産活動に必要な全要素を使った場合に、GDP(国内総生産)を生み出すのに必要な供給能力を毎年どれだけ増やせるかを示す指標をいう。これは、国や地域が中長期的にどれだけの経済成長が達成できるかを表す指標であり、一般にGDP伸び率が個人消費や企業の設備投資といった需要サイドから見た増加率なのに対し、本指標は資本・労働・生産性の供給サイドの3要素から算定されるものである。また、GDPと異なり、短期的な景気循環は直接反映されず、中長期的に持続可能な経済成長率を示す。(現実の成長率は様々な要因により変動するが、中長期的には潜在成長率と同様の動きになると言われている)
潜在成長率は、生産活動に必要な工場や機械設備などの「資本」、労働力人口と労働時間の積で表される「労働」、これらの生産要素を産出に変える「全要素生産性(技術革新や技術の活用法の進歩、労働や資本の質向上等)」の三要因の総和から推計され、インフレなど経済を過熱させることのない範囲内で達成可能な経済成長率の上限である。なお、実際の成長率が潜在成長率を下回ることが続く場合にはデフレや失業率の上昇などが起き、一方で上回る状態が継続する場合にはインフレが起こると言われる。
http://www.ifinance.ne.jp/glossary/economy/eco001.html

本当は、潜在成長率が低下しているのではなくて実際の成長率が潜在成長率を下回っているのではないのでしょうか?